--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/30

Dog-ear反対派です。

昨日は欲しい本を探しに、ちょっと離れた所の BOOK OFFへ
大きい所なので、探すのが大変。混んでるし
結局本は買わずに、古着を3着ほど買ってしまいました
そして2009年版だけど、急に買う気になって。
a123.jpg
昔、デザインの学校に通っていた友人に付き合って
都内の美術館を巡った事があります。
アタシは、建物の方に興味があったので(別に建築の勉強をしてたわけじゃありません)
お互い目的は違っても飽きずに楽しめました

アタシが1番好きな美術館は
「東京国立近代美術館」の「工芸館」です。
newsd.jpg
大好きな、大好きな九段下にあるので、もう何度通ったことかわかりません。
まぁ中で閲覧したのはほんの数回ですが
目的がなく九段下に行った時でも (殆んどそうなんですが)
「建物」の外観だけを見て帰るのです。
もう何時間でも見ていられます。住みたいです。本当に。

2番目に住みたい美術館は
有名な上野にあります「東京国立博物館」
コチラは正面からの外観が好きなんですが
内部のどっしりとした重厚感に時代を感じます。
本格推理小説などに「館」を舞台にした物がありますが
そんな雰囲気で、その類の本を読む時は必ずここをイメージしています。

20年も経つとだいぶ新しい美術館も増えたり
改装してキレイになったりしてるので
また「美術館を鑑賞」して歩きたいなーなんて思っています。

しかし、この雑誌。
なんで「工芸館」の「こ」の字にさえ触れていないんだろうか?
買ってパラパラ捲って探しても全然見つからないから
知らぬ間に潰れたのかと思ったぐらいです。
「東京の美術館94館を網羅」とか言ってるくせに
本館の「東京国立近代美術館」のページでなんで一言触れてくれないの
まぁ定価だったら絶対に買いませんけどね

a345.jpg

でもこれ、かなりのページ「Dog-ear」されてて元の持ち主に凄く腹立つ
スポンサーサイト

「Dog-ear反対派です。 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

*六条*

Author:*六条*

フリーエリア

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。